よくある質問 | 法律事務所のインターン

法律事務所に特化したインターン情報

  • 掲載希望のお客様
  • お問い合わせ

tel 無料相談

よくある質問

アルバイトとの違いを教えてください。

アルバイトとインターンは、目的・目標に大きな違いがあります。アルバイトは通常単にお金を稼ぐための手段ですが、インターンはその企業・事務所の業務を体験し、理解を深めることが目的になります。

 

 

インターンに参加すると選考で有利になりますか。

基本的にはインターンへの参加自体を評価対象とする法律事務所は少ないです。しかし、インターンに参加することで法律事務所への理解が深まれば、面接対策もしやすくなり、また事務所側からもミスマッチが少ないと判断され、結果として選考で有利になるでしょう。

 

 

インターンに申し込む際、選考などはありますか。対策は必要でしょうか。

履歴書での選考と簡単な面接があります。法律事務所の選考対策はこちらをご覧ください。また、弊社では書類添削や面接の指導といった無料相談を行っておりますので、よろしければご利用ください。

 

 

スーツ着用は必須ですか。

事務所の指示によります。清潔感のあるオフィスカジュアルを推奨する事務所が多いです。

 

 

大学での必修科目が多く、時間の調整が難しいです。インターンにはどれくらい参加できればよいでしょうか。

一般的に長期インターンの場合、目安としては週3日以上、1日4~5時間勤務できるとよいでしょう。

 

 

法律事務所で働いたことがなく、法学部でもありません。インターンに参加してもよいでしょうか。

法律事務所での就業経験は問いません。経験がない方こそインターンで体験していただければ幸いです。また、法学部でなくても参加可能です。

 

 

法律の知識はどの程度求められますか。

インターンに参加していただく際は、法律の知識は不要です。業務の中で、実務に必要な知識を覚えて行っていただければと思います。

 

 

給与や交通費は出ますか。

給与や交通費については、法律事務所によって異なります。各事務所の募集要項でご確認ください。

 

 

インターンやアルバイトから、新卒登用される可能性はありますか。

事務所によります。ただ、当サイトに掲載されている事務所はインターンや新卒採用を検討している事務所ばかりです。インターンを通じての新卒採用には前向きな印象をもっています。

 

 

今年4年生になり、来年の3月に卒業します。法律事務所に就職したいのですが、早く活動した方がよいでしょうか。

新卒採用を行っている大手法律事務所を目指す場合、一般企業と同様のスケジュールで活動しましょう。中小の事務所の場合、大半が通年採用となっており、すぐに働いていただける方を探しています。3月までアルバイトで働き、4月から正社員になれる事務所などを探すとよいでしょう。

 

 

インターンに応募しましたが、その後合否の連絡が来ません。大体どれくらいで返信が来るでしょうか。また、応募後は事務所と直接連絡を取る形になるでしょうか。

応募後は、法律事務所と直接連絡を取っていただくことになります。1週間ほど返信をお待ちください。
法律事務所の選考は書類審査に時間をかける傾向にあり、また不合格の場合は返信をしない事務所が多いです。

 

 

インターン先より保険加入を求められています。どうすればよいのでしょうか。

インターンに参加する際、 保険の加入を求められることがあります。大学が保証している保険もありますが、大学経由のインターンシップのみに適用されるケースが多いようです。個人でインターンシップへ参加される場合、個別に加入をする必要があります。保険には大きく分けて2つの種類があります。

 

・損害賠償責任保険:インターン先のPCやソフトなどを破損した場合に賠償するもの。
・災害傷害保険:インターン先で自身が怪我などを被った際に保証されるもの。

 

現在ご自身がどの保険に加入しているのか、確認をしていただく必要があります。大学によって加入状況が異なるようですので、大学の生協、学生課、支援課等で確認をしてみてください。

 

 

 

 

 

トップに戻る

 

株式会社リーガルブライト 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-7-1 喜京家ビル6階

copyright©法律事務所のインターン情報 All Rights Reserved.